高松市の観光

高松港からの乗船場所は、第二県営桟橋です。

Liminal Air -core-

高松港にある、2本の柱で、7色の円盤を重ねたような模様です。
中には鏡面になっている部分もあり、朝・昼・夕・夜や角度によって、見え方が変わります。

玉藻公園

玉藻公園は、高松城跡であり、近世城郭の海城としては、最大級です。 現在、平成24年春の竣工に向けて、天守台の復元工事が進んでいます。 また、現存する月見櫓(つきみやぐら)、艮櫓(うしとらやぐら)は重要文化財に指定されています。

屋島

源平合戦の古戦場として名高い「屋島」は、瀬戸内海に突きだした巨大な溶岩台地特有の平らな地形です。
江戸時代までは、屋島は、島でした。
山頂からは、備讃瀬戸を一望でき、絶景です。

栗林公園

栗林公園は、高松藩12万石が100年の歳月をかけて作った名園です。
紫雲山を借景に池と築山を巧みに配した名園は、“一歩一景”といわれ、変化に富んだ趣のある情景が楽しめます。
季節や時間、空模様によっても折々の表情をみせ、何度行っても飽きるということがない天下の名園です。
公園内には、掬月亭や讃岐民芸館、商工奨励館、偃月橋など、見どころ満載です。

五色台

五色台(ごしきだい)は、香川県高松市から坂出市にまたがる大崎山、峰山(黒峰)、北峰、青峰、白峰山、太平山、猪尻山の連峰である。
大部分が瀬戸内海国立公園の一部で、香川県の中央部から瀬戸内海にせり出した溶岩台地である。
また瀬戸内海を望む景勝地の一つでもあり、国民休暇村などの宿泊施設がある。

讃岐うどん

香川といえば、うどんです。
独特なコシのある麺は、必見です。