春の桜とオーテのある風景 桃太郎伝説が残る鬼の島


島の中央に瀬戸内海を見渡せる展望台と鬼が住んでいたと伝えられている巨大な洞窟がある、別名「鬼ヶ島」、 云わずと知れた桃太郎の伝説が残る見どころの多い島です。
この鬼とは、瀬戸内海を荒らしまわった海賊のことで、山頂の洞窟は、海賊たちの根城があったようです。
海賊と言っても、航路の警護を行う土豪なども含まれます。

鬼ヶ島大洞窟

桃太郎伝説のある大洞窟は、島の中央、鷲ヶ峰の中腹にあり、広さ4000u奥行き400mと大洞窟です。
内部には、鬼の大広間や居間、鬼の番人の控室などが、再現されています。

鷲ヶ峰展望台

鷲ヶ峰展望台 女木島で一番標高の高い鷲ヶ峰の頂上から、360°パノラマで瀬戸内海の雄大な景色を観望できます。
南東には屋島、南西には五色台、北に男木島、北西に直島、北東に小豆島と、各島々を一望できます。
春には、桜の木が満開となり、瀬戸内海だけでなく、桜もご観覧いただけます。

カンラン玄武岩の柱状節理

柱状節理 女木島にある柱状節理は、市指定天然記念物で、この溶岩が五角柱状や六角柱状、不正四角柱状の形で材木を束ねたように並んでいます。
これを柱状節理と呼び、溶岩が噴出し、冷却・凝固するときに収縮してできたものです。
近辺には直径40センチほどの球状の岩塊があり、球面に沿ってタマネギの鱗葉(りんよう)の重なりのように見えるため、玉葱(たまねぎ)状節理とも呼ばれています。
この柱状節理は学術上に価値が高いとされています。

モアイの広場

なぜ女木島にモアイ像が???
と思うかもしれません。これは、1960年に発生したチリ地震と部族戦争で、倒れたイースター島のモアイ像を 起こすときのテストで使用されたとの事です。

瀬戸内アート

20世紀の回想

グランドピアノの上に、4本の帆が立てられ、船と思わせる作品。
瀬戸内海の波音とピアノの演奏が、1つのハーモニーを奏でる。

不在の存在

改装した空家に2つの作品を置き、レストランと図書館を併設することにより、人が集い、食を満喫する場を作っています。 中庭には、白石を敷き詰めた場所に足跡が浮かび上がる石庭があります。
また、二重の茶室は、2つ並んだ鏡の1つは、奥の部屋へと続く入口になっています。

均衡

たくさんのミラーガラスがぶら下げており、自分や人の姿が、鏡に映ることにより、平衡感覚を失い、 迷路に入っているような感覚が味わえます。
また、時間帯によっては、日差しが、鏡に反射し、いつ来ても表情を変える空間を楽しめます。

カモメの駐車場

風によって向きを変えるカモメたち。 本物のカモメも同じ向きを向いていることから着想したアート。 300羽のカモメが風によって、一斉に向きを変える愛らしい姿を見せてくれます。

鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利

人型をしたオブジェが緩やかに回転し、ライトによって輝いています。
これは、桃太郎は、癒しと寛大さの象徴。自由と美のエネルギーに満ちた活力を与えてくれると、 鬼を捕えた人々の魂の作品です。

MEGI HOUSE

愛知県立芸術大学の教員や生徒や卒業生が、コンサートやイベントを行っている。
その他にも、アトリエや、キャラリーとしても活用されています。

オーテ

冬の強い潮風から家を守るための石垣です。
同じ沿岸部でも風の当たり方が違うため、場所によって石垣の高さが異なります。
これらの石垣は、女木島特有のものであり、情緒豊かな趣が味わえます。