石島(井島)の観光

石島(井島) 石島は、川西マリンサービスの本拠地です。
岡山県と香川県の県境がある珍しい島で、 イシマと読みますが、 岡山県側は石島、香川県側は井島と、 違う漢字を書きます。
これは江戸時代に、漁業権をめぐり岡山・香川側双方が、藩境を争った名残といわれています。
観光地化されておらず、観光客がくることはめったにありませんが、古墳などの史跡が残る、歴史の古い島です。

石島港

石島港 人口100人ほどの集落が岡山側に一つだけあり、港を囲んで家々が密集しています。
かもめがのんびりくつろぐ、静かな漁港です。

石島分校

胸上小学校石島分校 赤い屋根が特徴的な、島に唯一ある小学校です。
平成23年度、ついに生徒がたった一人となり、 平成24年度からの休校が決まっています。
この石島分校を通り抜けると、高台にある神社に行くことができます。
この神社からは、石島の集落を一望できます。

石島弥生式集団墓

埋葬の目印に小石を並べた2から3世紀ごろの墳墓が数基あります。

石島1号古墳

直径約13mの円墳。横穴式石室をもち、中に石島88カ所の石仏を祀っています。

テンマ石と鬼の手形

伝馬船そっくりの形をした石。鬼の手形をしたものもあります。